多彩なスタイルの家族葬

家族葬は正確な形が決まっていないお葬式のため、遺族や故人の考えで様々な形式を決められます。具体的にどのようなお葬式が行われているのでしょうか。まずは、無宗教葬という宗教儀礼を行わないお葬式があります。読経やお香典など、宗教に沿った儀式にとらわれない自由なお葬式を上げることができます。生前特定の宗教を持たなかった故人や、お寺との付き合いもなく宗教と馴染みが薄いため、イメージがわかない遺族などが選んでいます。

次に、一日葬というお通夜を行わないお葬式があります。これはお通夜を省略して一日でお葬式を行います。時間が短いので参列者の拘束時間や負担を軽減し、一日目のお通夜にかかる費用も抑えることができます。主に体力的に長時間のお葬式に参加することが難しい高齢者や、仕事などが忙しく時間が取れない方に選ばれている形式です。

このように、お葬式の内容を大きく変更することもあれば、従来の通りお通夜や宗教儀式はきちんと執り行いながら、祭壇の飾りつけや故人の衣装、お供え物や斎場に個性を表す家族葬もあります。例えば、伝統的な白木の祭壇ではなく、故人が好きだった花の生花祭壇を作って故人を送ることがあります。他にも、生前の趣味で集めていたグッズで斎場を飾りつけてお葬式を行ったり、自宅のリビングに似せた斎場やホテルを利用したりと、遺族や故人によって全く異なるお葬式が行われるようになっています。

このように、様々なスタイルの家族葬がありますが、故人らしさが前面に出るお葬式は遺族の方も共同作業で準備を行うことが多く、故人のためにできることをしたという達成感を感じながら見送ることができるという特徴も持っています。