家族葬にはどんな利点があるのか

お葬式を一般葬ではなく家族葬にする人が増えていますが、具体的にどんな利点があるのでしょうか。まず一つ目に、お葬式の内容を自由に選ぶことができます。従来のお葬式は、地域や家の宗教に従い、決まった形式で厳かな雰囲気の中で行われていました。しかし、近年故人や遺族の抱える気持ちも違うのに、お葬式はすべて同じ形式ばかりでいいのかという考えから、故人らしい方法で見送りたいと考えが現れました。従来の勤め先の方からご近所まで、大勢参列するお葬式では自由に執り行いたくとも、大勢の弔問客がいるので遠慮してしまいます。しかし、限られた身内だけが出席する家族葬なら、故人らしさや家庭の事象を顧みたお葬式でも、理解が得られやすくなります。

二つ目の利点には、費用や遺族の負担を抑えることができる点です。家族葬は身内だけで行うので参列する人数が少なくなり、いただく香典は減りますが、一般葬より最終的な費用を抑えることができます。また、故人に代わって感謝の気持ちを伝えるための料理や葬儀返礼品などおもてなしは、一般葬では人数分葬儀会社に注文しなければなりません。家族葬なら、親戚や親しい人だけなので、香典を受け取らない、家族で馴染みのお店に食事に行くという選択肢も取れ、費用や準備の負担を軽くすることができます。

三つ目は、遺族が故人とゆっくりお別れをして、きちんと送り出せることです。今までのお葬式は社会や地域のつながりが強く、多くの弔問客が訪れるので、遺族がその対応に追われていました。遺族は参列者へのおもてなしに忙しく、お葬式の間はゆっくり故人を偲ぶ余裕がないことも珍しくありませんでした。しかし、家族葬なら親しい人だけなので気遣いが減り、思い出を語りながらゆっくり故人を偲ぶことができます。