家族葬で気を付けること

生活様式の変化や、お葬式を執り行うユーザーからのニーズによって誕生した家族葬は、歴史が浅く従来のお葬式に比べれば気を付けるべきこともあります。故人や遺族が自由に作れるお葬式だからこそ、実際に家族葬を行うときに注意することとは何なのでしょうか。

まず大事なのは、事前に準備をしておくことです。家族葬の良い所は故人に合ったお葬式ができることですが、逝去したときに咄嗟にすべての段取りを行うのは難しいものです。事前に葬儀会社に相談し、段取りや予算を決めておく、遺言状やエンディングノートに希望のお葬式をあらかじめ書いておくなど、様々な方法で万が一に備えることができます。大切な人が亡くなったときにお葬式を滞りなく執り行えるよう準備をしておけば、いつか別れを迎える時まで安心して過ごすことができます。

次に注意すべきは、弔問をお断りした人への対応です。案内しなかった方にも配慮し、周囲に理解のあるお葬式にするために大切なことです。案内を出さなかったご近所や会社、親戚の方には、故人の遺志で辞退することなど、訃報を伝えるはがきや電話で丁寧に弔問を辞退すると伝えることが大事になります。また、弔問をお断りしても、後日香典を渡しに来る人もいます。お葬式後、返礼品や来客用の座布団などを用意する必要もあります。

お葬式を挙げるのは、故人の遺体を葬り、魂を供養し、遺族が故人の死を受け入れ、悲しみを慰めるためです。心の整理がつかないまま流されるようにお葬式を行い、後になってもっと故人の最期にできることがあったのではと考えることの無いよう、後悔しないお葬式を行い、故人を心置きなく見送ることが大切です。