現代の遺族と故人に寄り添う家族葬

家族葬とはどんな葬式なのか

家族葬とはどんな葬式なのか 近年、家族葬というお葬式の新しい形式が注目されるようになりました。予算や付き合いなど、様々な理由で家族葬を選択することが増えてきていますが、なぜ現代のお葬式の新しい形としてこのようなスタイルが浸透しているのでしょうか。家族葬とは、家族や親族などを中心に、故人に近い人だけで行うお葬式のことです。近年新しくできたお葬式の形であるため、正確な定義がありません。そのため、参列者の人数やお葬式の内容を故人の遺志や、残された遺族の意見で自由に決めることが可能です。

一般には1人から30人程度、多くても50人までの人数で執り行うことが多く、ご近所の方やお仕事関係の方は呼ばずに、身内や親しい友人だけでお葬式を行います。ご近所や会社の関係者、遠く離れた親戚などは参列をお断りするため、遺族が弔問の対応に苦労することが少なくなります。もちろん参列をお断りする人にも訃報を知らせ、辞退させていただくことを丁寧に説明し、相手に失礼にならないように配慮する必要はあります。ですが、限られた人だけのお葬式となるため、世間体を気にする必要がなくなり、弔問客へのあいさつやおもてなしに気を取られて、故人との最後の別れを落ち着いて過ごせない、ということは少なくなります。さらに、参列するのが気を使わなくていい身内だけなので、通夜や精進落としなどの食事や香典返しの有無も選べ、費用を一般のお葬式に比べて安く抑えることが出来ます。

お葬式の内容は従来のものとほとんど変わらず、通夜や告別式なども行えますが、家族や親戚、故人と親しい方だけが参列するため、家族や故人の希望を反映した自由なお葬式ができます。祭壇の飾りつけに故人の好きだった花を飾ったり、故人の趣味や好みに合わせた装飾を施したり、好きな音楽を流したりと、個性的なお葬式を行うことが可能です。このようなバラエティーに富んだお葬式を行うためには、事前準備が必要となり、家族や葬儀会社との相談、本人の遺書やエンディングノートなどの作成といったことを事前にやっておく人も増えています。故人らしいお葬式、家族が心残りなく見送ることが出来るお葬式を行うために、家族葬という新しい形式が選ばれているのです。

このように、家族葬という宗教や地元の風習にこだわらない、自由なお葬式が広がった理由は多くありますが、一番大事なのは故人の最後の旅立ちをどのように見送るか、故人と遺族が納得できるお葬式を執り行うことです。やり直しがきかないお葬式で、遺族が心から故人の死を悼み、故人が迷うことなく天国に行くことができるように行うのが家族葬です。

お知らせ